読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚亭日常

読書,ガジェット,競技プログラミング

Windows 10 で再起動に失敗した

Windows

Windows 10 で再起動に失敗した

Windows 8.1 からWindows 10 にした.

もろもろ設定後に,Microsoft Account から Local Account のサインインに変更.

一旦ログオフしてサインイン.

Windows 10 ではLocal Account でもOneDriveが使えるようになった.

その後,Windows Updateをして再起動するも失敗.

エラーメッセージは,

DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL(epfwwfp.sys)

というもので調べた結果,コマンドプロンプトから該当ファイルを消せば直るとのこと.

コマンドプロンプトを出す

BitLocker暗号化しており,解除=>再起動失敗 を2回すると回復パスワードを入力する画面になる.

ここで,回復パスワードを入力 => 再起動に失敗となった後に,詳細画面に移れるようになるので,Tabで選択して決定.

その後,

トラブルシューティング => 詳細オプション => コマンドプロンプト

と進む.

Windowsがあるドライブの確認

bcdedit | find "osdevice"

Use the Recovery Drive Command Prompt to edit the registry or recover data - TechRepublic

なぜかDドライブと出た.

BitLockerを解除する.

manage-bde を使う

manage-bde -unlock D: -recoverypassword 111111-222222-333333-444444-555555-666666-777777-888888

Dドライブなので -unlock D: 回復パスワードはそれぞれ異なる.

管理 bde

原因ファイルを削除

DEL /F /S /Q /A "D:\Windows\System32\drivers\epfwwfp.sys"

Windows 10 Blue screen on boot - Microsoft Community

exit で終了して再起動

ESET Smart Security 再インストール

原因のファイルは ESET Smart Security のもので,削除すると壊れるので再インストール.

再度 Windows Update

無事に再起動に成功

ウィルス定義のアップデートに失敗

エラーは:

未登録の深刻なエラー(0x1106)

ウイルス定義データベースのアップデート時に、「未登録の深刻なエラー (0x1106)」などが発生する | ESETサポート情報 | 個人向け製品 | キヤノンITソリューションズ

サポート情報通りにすると直った.

最後に,

Windows 10 環境にESET製品をインストールすると、HIPS機能が無効になる | ESETサポート情報 | 個人向け製品 | キヤノンITソリューションズ

を直して終了.