金魚亭日常

読書,ガジェット,競技プログラミング

Microsoft Print to PDF を再設定

気づいたら ブラウザからPDF保存できなくなっていたので,四苦八苦.

Firefoxだけだとおもったが,Edge でも無理だったので,フォーラムを見てドライバを再設定.

answers.microsoft.com

やったのは,

  • バイスとプリンターから削除 > 再起動 > 再インストール > 再起動

これでも無理だったので,

  • Windows の機能の有効化 > Print to PDF 無効化 > 再起動 > 有効化 > 再起動

これで,Edge ではPDF保存できるようになったが,まだFirefox では無理.

結局,フォントを普段使っている

  • 源ノ明朝,源ノ角ゴシック JP.源ノ角ゴシックCode JP

から

  • IPAexゴシック,IPAex明朝,IPAゴシック

に変えるとPDF保存できた.

以前,源ノ角シリーズで印刷するとAdobe Readerで文字化けするという問題があって,最近のアップデートでこれはなおっていたのだが,いつのまにか今度はPDF保存ができなくなってしまっていたようだ.

Microsoft Print to PDF で生成したPDFのフォント情報は,ブラウザの設定フォントではなく,

  • CIDFont+F1

みたいなのになる.

源ノ角シリーズのような特殊なフォントはうまく扱えないのだろう.

peridots 新曲 100%

7/16(祝)0時より「100%」配信リリース! | peridots

主要音楽配信サイトってどこだ

2018/07/16 15:22

Mora と AmazoniTunesGoogle Play Music にはあった.

最近は なんとなく Amazon で買っているので Amazon

2018年6月に読んだ本

期間 : 2018年06月
読了数 : 3 冊
天空の矢はどこへ? Where is the Sky Arrow? (講談社タイガ)
森 博嗣 / 講談社 (2018-06-22)
読了日:2018年6月27日
もののがたり 8 (ヤングジャンプコミックス)
オニグンソウ / 集英社 (2018-06-19)
読了日:2018年6月20日
めしにしましょう(5) (イブニングKC)
小林 銅蟲 / 講談社 (2018-05-23)
読了日:2018年6月20日

HTML のプレゼンをPDFに変換する

xaringan の wiki には,スライドをPDFに変換する方法として,

  1. R の webshot package
  2. Chrome でPDFに印刷
  3. node の decktape モジュール

の3つが挙げられている.

Export Slides to PDF · yihui/xaringan Wiki · GitHub

今回はdecktape を使ってみることにした

github.com

インストール

環境

  • Windows 10 Pro
  • node v8.11.3
  • npm 5.6.0
npm -g install decktape 

普通に,npm でインストールするが,node-pre-gyp のエラーが出た.

github.com

github.com

多分,node-gyp というやつがNative binary をビルドするやつで,それをパッケージ作るときに組み込みやすくするやつが node-pre-gyp で,要はC++コンパイラとかが無いからエラーになっているっぽい.

Windows の場合は,

が必要らしい.

Visual C++ build tool はインストール済み. Python は 3.6 を入れていたので,2.7 を公式のインストーラでインストール.

インストールしたら,

 npm config set python C:\python27\python.exe
 npm config set msvs_version 2015

という感じで,設定して,もう一度 npm -g install decktapeでインストール完了.

ちなみに,Visual C++ build toolとPython2.7のインストーラを取ってきてインストールしてくれる windows-build-tools というやつが npm にあるらしいが,今回は使わなかった.

使い方は,

decktape remark https://slides.yihui.name/xaringan xaringan.pdf

という感じ.

R presentation について調べた

この,痒い所に手が届くggplot2作図の技

https://github.com/uribo/talk_180530_ggplot2_tips

のプレゼンがいい感じだったので,R presentation について調べた.

テンプレートは,

github.com

で,テーマは

github.com

らしい.

remark.js を使っている.

使い方は,Ninja Template を読み解けば大体わかる.

なお,xaringan は 写輪眼(ナルト) らしい.


HTML のプレゼンで毎回気になるのは,オフラインで動かすときはどうするのか,というところ.

  • remark.js 自体はダウンロードすればよい(それ用の関数がある,相対パスで指定)
  • mathjax もダウンロードしてくればよい
    • RStudio に同梱されているやつが使える(file:/// で指定)
    • ローカルサーバ立てて使う場合(Infinite Moon Reader アドイン)は,スライドと同じフォルダにコピーしてくればよい(相対パスで指定)

libs/ にダウンロードしてきて,

xaringan::summon_remark(version = "latest", to = "libs/")

YAML front matter に設定を書く

 output: 
        xaringan::moon_reader:
            chakra: "libs/remark-latest.min.js"
        mathjax: "file:///c:/Program Files/RStudio/resources/mathjax-26/MathJax.js?config=TeX-AMS-MML_HTMLorMML"
       # or 
        # mathjax: "libs/mathjax-26/MathJax.js?config=TeX-AMS-MML_HTMLorMML"

フォントは,ローカルにインストールしてあるやつを指定すればよい. google font のweb font を使う場合は,CSS とフォントをダウンロードしてくれば使えるはず.

mono_light(
   base_color = "#1c5253",
   # header: family は 源ノ角ゴシック,weight は bold
   header_font_family = "Source Han Sans JP",
   header_font_weight = "Bold", 
   # 本文: family は 源ノ角ゴシック,weight は Regular
   text_font_family = "Source Han Sans JP",
   # コードは Ricty regular
   code_font_family = "Ricty",
   link_color = "#A1C5AB"
 )

RStudio で IME が死んだときは

Windows 版の RStudio では IME が時々死んで,日本語が打てなくなる.

そういうときは,Alt + Tab で他のアプリに1回スイッチして戻るとなおる.