金魚亭日常

読書,ガジェット,競技プログラミング

Travis CI で R のエラーをよく見たいときは _R_CHECK_TESTS_NLINES_=0

普通に log を見ると最後の13行しか出ないので,調べてみたら

More Than "Last 13 lines of output" in R CMD check? - Dear _R_CHECK_TESTS_NLINES_, where were you these years? - Yihui Xie | 谢益辉

“_R_CHECK_TESTS_NLINES_=0”

2020/02/05 21:33

にあるように

env:
  global:
    - _R_CHECK_TESTS_NLINES_=0

.travis.yml に書いておくか,失敗したときに Trigger build の Config に書いて再度走らせるとよい.

IRKernel の auto completion

ファイル名を補完しようとしたら,

"../dat"

の結果が

"../data/"

ではなく

"`../data/`"

になってしまって困っていて調べたら,

github.com

このissue で修正が入ったので close されていて,その後にリリースもされているのだけれど, ビルドエラーでこの修正はマージされていないらしい.

なので,master をインストールしたらなおっていた

readr::read_csv() の列数を動的に変える

cols()[] で切り出せないらしい

dirname <- "data"
d <- dir(dirname) %>% 
    map_dfr(function(x){
               # 先頭行を見て列数を判定する
               ncol <- readLines(file.path(dirname, x), n=1) %>% 
                       str_split(",") %>% 
                       .[[1]] %>% length()
               col_names <- c("V1", "V2", "V3", "V4", "V5")
               col_names <- col_names[1:ncol]
               # expr()[1] は cols() なので ncol + 1 まで
               # col_integer() とかだとこれでは無理なので "i" とかでやる 
               col_types <- eval(expr(cols("i", "c", "c", "i", "c"))[1:(ncol + 1)])
               d <- read_csv(file.path(dirname, x), 
                             col_names = col_names, 
                             col_types = col_types)
               d
           }
           )
head(d)

QNAP TS231P セットアップメモ

同梱のマニュアルが古かったので,頑張ったメモ.

まずは,電源いれてLANケーブルをさす

管理ソフト(Q Finder Pro)をインストール

5分ぐらいNASが認識されなかった

ブラウザから管理画面へ

管理ソフトから飛べる

HDDを装填して初期化

ファームウェアアップデートの画面が出るが,skip してとりあえず初期化する. admin のパスワードとかを設定する.

ファームウェアアップデート

最初は 4.3.6.0895 build 20190328 だった.

まず,4.3 系の最終版(4.3.6.1070 build 20190919)に手動でアップデートする. QNAP のサイトからファームウェアをダウンロードして,管理画面から選択する.

次に,同様の手順で最新版(4.4.1.1146 build 20191206)にアップデートする.

RAID とか

QNAP の NAS は, 物理ディスク > RAID > ストレージプール > ボリューム という階層構造がある.

なので,まずはストレージプールを作成する. RAIDを作るように言われるので,作る. 2ベイなのでRAID1にした.

つぎに,ボリュームを作った. 設定はとりあえずデフォルトのまま,Thin Volume でサイズもそのままにした.

PCから接続

Windows の人も Mac の人も SMB でいいらしい. なんとなく admin でつなぎたくなかったので,ユーザーを作った. Windowsの人で,すでに他のユーザーでつないでいる,とか言われた場合は,切断する

harikofu.blog.fc2.com

とりあえずMacbook Air を Thunderbolt - Ethernet でつないでファイルをコピーしてみたところ,300GBぐらいが2時間ぐらい,と出た(SMB3,パケット署名は無効化).

Windows 7 から Windows 10 へ

Windows 7 から Windows 10 へのアップデートメモ(2019年12月12日時点).

バックアップを取る

イメージバックアップ + 修復ディスク でいいと思う. 市販のソフトや Robocopy などで必要なファイルのみ,例えばユーザーディレクトリ以下をバックアップするのもあり.

ドライバ・BIOSは最新にする

メーカーPCはサポートサイトを見に行くと非対応ソフトの一覧が掲載されていたりするので,よく読む.

アンチウィルスソフトはアンインストールする

Symantec Endpoint Protection は最新版の14.2.2 以外はなぜかアンインストールに失敗する(5台ためしていずれも失敗)ので,最新版を上書きインストールしてからアンインストールする. 最新版だとアンインストールしなくてもいいが,結局機能が制限されたままになるので,アンインストールしてから再度インストールすることになる.

Media Creation Tool を使ってインストーラを作る

最新版なので,Windows 10 1909 のインストーラができる

Windows 7 Pro なのに Windows 10 Pro にならない場合

ダウングレードモデルに発生している気がする.

インストーラsources 以下に ei.cfg を配置するとエディションが選択できるようになる,という方法はうまくいかなかった.

DISM コマンドを使って,Pro のみを含むインストーラを作る,という方法がうまくいった.

www.ikt-s.com

BIOS / MBR なので UEFI / GPT にしたい

かつては Windows 7 の状態で gptgendiskpart を使って変換する,というような方法だったが,最近のWindows 10 には MBR2GPT というものがあるので,こちらを使うといい(未検証).

1台だけ gptgen + diskpart の方法でやったときは,事前に作成しておいた修復ディスクからも同梱されてた Windows 7リカバリディスクからも起動できず冷や汗をかいたが,Windows 8リカバリディスク から起動して事なきを得た. あと,これをやると修復ディスクを作れなくなった(リカバリ領域がなくなったから?).

その他

まれに Officeがぶっ壊れることがある(画面が真っ白になってなにも表示されない,操作は受け付けているが何も見えない)らしいが,おちついて再インストールしましょう. ライセンスの保管はきちんとしよう.

2019年11月に読んだ本

十二国記,きれいに終わったのだが,謎が残ったので,読み直そうと思った.

白銀の墟 玄の月 第三巻 十二国記 (新潮文庫)

白銀の墟 玄の月 第三巻 十二国記 (新潮文庫)

  • 作者:小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2019/11/09
  • メディア: 文庫

白銀の墟 玄の月 第四巻 十二国記 (新潮文庫)

白銀の墟 玄の月 第四巻 十二国記 (新潮文庫)

  • 作者:小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2019/11/09
  • メディア: 文庫

神はいつ問われるのか? When Will God be Questioned? (講談社タイガ)

神はいつ問われるのか? When Will God be Questioned? (講談社タイガ)