金魚亭日常

読書,ガジェット,競技プログラミング

AtCoder

ATCoder AGC #002

A, B解けて,色が茶色に. AtCoder AGC #002 Ruby

天下一プログラマーコンテスト2016 予選A

Aしか解けなかった. Bは未完. 天下一プログラマーコンテスト2016 AtCoder Ruby

AtCoder ABC #042

ARC / ABC 同時開催だけど,ABCの方で. AtCoder ABC #042 Ruby

AtCoder ABC #041

久しぶりの出場. A, B, C は解けた. Ruby なのでBとかはオーバーフロー気にせず書いてしまった. よくない. Dは全然わかってないので要復習. AtCoder ABC #041 (Ruby)

AtCoder ARC #053

AtCoder ARC #053 Cは解説放送を見て. 解説わかりやすかった.

AtCoder ABC #037

AtCoder ABC #037 Cは部分点だった.

AtCoder ATC #002

AtCoder ATC #002

AtCoder ABC #034

C 何も考えずに組み合わせの数で解いたら,部分点で100点だった. 解説(逆元,フェルマーの小定理)を読んだけど,まだ理解できていない. D 通ったので喜んでいたけど,解説によると自分が提出したのは貪欲法の解法らしく,たまたま通っただけだったみたい…

AtCoder ARC #048

B は二重ループで書いたやつと,解説を見てHash使って書いたやつでTLEだった. AtCoder ARC #048

AtCoder ABC #033

A 文字列の文字が1種類かどうか. 1111 で割る,というのはなるほどだった. B 人口の合計を計算しておいて,それぞれの町の人口の2倍と比較. C * の項は,0があれば0になる. + の項は,0ならば0. + で分割. 分割した各要素の個数が1の場合,0でなければ…

DISCO presents ディスカバリーチャンネル プログラミングコンテスト 2016

A しか解けなかった. DDPC 2016 予選

第二回 ドワンゴからの挑戦状 予選

A 題意を読み違えていて謎の回答をしてしまった. ただ25の倍数の個数を返せばよかった. B 隣同士の最小値の数列を作って,両隣には元の数列の両端を配置,とした. 第二回 ドワンゴからの挑戦状 予選

AtCoder ABC #032

AtCoder ABC 032

AtCoder ARC #045

A問題は解けた. B問題はTLEで30点. ARC #045

Code Festival 2015 予選 A

A,B,Cは解けた. D問題は,アリ本の最初の問題に似てるなーと思ったけどわからなかった. すこし諦めるのが早かったかもしれない. Code Festival 2015 Qual A